最近個人的に流行のラバージグ。
自作していて気づいた事などをせっかくなので書いてみようかと。



■ヘッド形状について
昔からあーでもないこーでもないと云われているのはご存じの通り。一貫して僕の考えた最強のラバージグみたいな小学生の夏休みの課題のように感じてしまうのは僕のラバージグレベルが低いせいだろうか。 フットボールは移動距離が短くアーキータイプは移動距離が長いと云われるがどちらかにしか反応しないなんて時はほぼないと思う。アイ角度も似たようなものなので割愛。
●結論 好きなの使え 


■ガードについて
基本的にフルパワーでフッキングするものだと認識しているので堅ければ堅い方がよい。とはいえ堅すぎるのもフッキングミスに繋がると思えるのでそこそこの堅さのものが大量に植えてあるほうが勝手はよさそう。長さはよく行く釣り場に合わせてカットすればよいと思うが全くカットしないほうが恐らくフッキングはいい。 
●結論 堅め多めであればなんでもいい


■フックについて
小さい。市販の物はどれも小さすぎる。5/0くらいで丁度いい。子バス狙いの人はジグなんて使わないと思うのでフックが大きくてもなんら問題ないのでは。 またゲイプが狭すぎてフッキングした時にヘッドと干渉するんではなかろうかと疑いたくなる。また日本人の多くがチョン掛けでは使用せずキーパーにワームを通して使用することからさらにフッキング性能について疑問が残る。市販のジグヘッドで1番ゲイプを稼げていたのががまかつのコブラ27だがそれでも小さいと感じる次第。
●結論 でかくて太いのがいいけど売っていない


■スカートの量について 
どうでもいいと思っていたが意外にもフォールスピードの差という形で釣果に差が出るようで驚いた。フォールスピードはその日その時の魚の好みもさることながら使い手側の好みも出てくるので意外に重要。個人的には遅いと手返しが悪くだるいので薄巻きが好み。またスカートの長さによって着底後のポーズ時間が変わってくる。短ければすぐに開くので5秒程度で完全に開ききるだろうが、長ければ長いほど開くのに時間がかかるのでポーズを長めにとってやる必要があり手返しは悪くなるが、なんとなく釣れそうではある。
●結論 好きなの使え


■ラバーの太さについて
太ければ基本的に絡むことはなくノンストレス。太いと水押しがどうのこうのはオカルトだと思っている。魚の側線はそこまで微細な水流を感じ取ることはできない。そもそもその程度の水押しで反応するのだったらエレキの水流はどう説明するのか。信じる者は救われるの世界。
●結論 好きなの使え


■スカートの素材について
これまたどうでもいいと思っていたらどうでもよくなかった。跳ねラバ等のしゃくりのような素早いアクションをすると細いファインラバーはフックに絡みやすい。これでもかってぐらい絡みつきほぐすのに時間を要する。また昔ながらのラバーは全く問題なく使用できるが保存時にワームと一緒に置いておくとラバーがワームオイルを吸ってしまいギトギトになってしまった。逆に釣果では差が出ないように思える。最近の最大魚である54センチは粉がついたままの普通のラバーで釣っている。それ意外の50アップ2本はシリコンで釣っている。フレアの差が云々といったところで釣果に差がつくような状況は限定的かつ特殊だろう。
●結論 シリコンがノンストレスだけど好きなの使ってどうぞ


■スカートの色について
好きな色を使えばいいと思うけれど自作した中で唯一赤だけバイトがない。単に使用時間が短いからではなく5時間程通して使った事もある。深海に住む魚になぜ赤色が多いのかという理屈(実は赤は保護色)を知っていれば赤色は釣れそうな気がするのだけれども。 釣れてはいるもののウォーターメロンもどうにも反応が悪い気がする。あくまで気がする。未検証はチャートとピンク。流行のゼブラ柄もそこまで有用性を感じない。
●結論 無難な色をお好みで


今まで作ったジグのほんの一部。中央2つが今現在の完成形。
130925_195010
市販のガード付きジグヘッドの中ではザップのエコヘッドが1番ガードが強くノンストレス。琵琶湖のウィードエリアならアーキー26で充分だが1/4ozから極端にガードが弱くなるので注意が必要。 コブラ27なら1/8ozでもガードがかなり堅く使いやすい。
未塗装のヘッドが気になるようならタッチアップペンで塗るのがおすすめ。シンカーにも使えるので気になる方は塗り塗り推奨。


ちょっと穴だらけの記事なのでツッコミお待ちしております。また、僕のジグが欲しいって殊勝な方も書き込んでいただければ無料で押し付けますのでどうぞお気軽に。